失敗しない離婚のノウハウをご説明します。

離婚訴訟という婚姻関係の終了

離婚のほとんどが、当事者の合意で決定される「協議離婚」で成立する

世間では離婚という言葉がよく使われていますが、この婚姻関係の終了方法には、大きく分けて四つ存在します。 それが「協議離婚」、「調停離婚」、「審判離婚」、「裁判離婚」というものです。 その中でももっとも多いものが、「協議離婚」というもので、それは実に離婚のおよそ八割を占めると言われています。

つまり離婚というものは、そのほとんどが「当事者の合意」によって決定されているものであり、もし双方の望んだ結論ではなかったにしましても、そこには第三者を介入させない合意が取り決められたと言えるわけです。

「協議離婚」が成立しなかった場合、第三者が介入し客観的に結論を導く「調停離婚」となる

しかしもしそのような合意を得る事ができなかった場合は、第三者の介入と言うものが必要になるわけです。そのひとつが、調停委員を利用する「調停離婚」というものです。これがその利用の割合で言いますと、残りのほとんどという事になるもので、これは調停委員が当事者の婚姻生活の状態を、客観的に判断し、法的事例を当てはめて、最善と思われる結論を導き出すものです。 

参考:離婚弁護士相談広場

実際のところ、離婚をするという結論になるにせよ、ならないにせよ、ここまでの段階で、ほとんどの事例は片付くと言っていいでしょう。

「調停離婚」でも決着がつかなかった場合、「離婚訴訟」となり、法的拘束力のある裁判で判決がでる

しかしそれでも決着がつかない場合に、そこで初めて「離婚訴訟」という事になるわけです。こうなりますと、もう完全に裁判となるわけですから、その決定には法的拘束力があり、異議があれば控訴となるわけです。そして最終的に、離婚という決定がなされた場合は、その婚姻関係は判決によって終了となります。

これは「協議離婚」のように、当事者の自由意志による決定とは全く異なるので、その効力は当事者の意思とは関係なく及ぶ点で、全く別物であると言ってもいいでしょう。

最新記事