離婚に際して、住宅ローンをどうするか。

住宅ローンを支払中の離婚の場合、ローンの契約内容と家の名義、マイホームの資産価値を確認

さあ離婚、ということになった場合、夫婦で購入したマイホームがあり、住宅ローンを支払中というときは、それをどのようにするのかという問題が生じてきます。
そこでまず、確認しておきたいのが、ローンの契約内容と家の名義、そしてマイホームの資産価値です。ローンの契約内容では、まず債務者が誰かという点が非常に重要になってきます。ローンの契約としては、大きく分けて「夫婦どちらか一方が主債務者で、もう一方が連帯保証人」「夫婦それぞれが連帯債務者」「夫婦どちらか一方が主債務者で、連帯保証人はなし(もう一方は負担が全くない)」の3つのタイプがあります。また、家の名義については、「夫婦のどちらか一方」もしくは「夫婦の連名」のどちらかになっていることがほとんどです。

一番スマートなのは、ローンの契約者、家の名義人ともに、夫婦どちらか一方に集約されていて、もう一方がローンの連帯保証人になっていないケースです。この場合は、家の名義人であり、ローンの主契約者でもある方が家に残り、ローンを支払い続けていくということであれば、特に面倒な手続きは必要ありません。

しかし、同じケースでも、もう一方がローンの連帯保証人になってしまっていた場合は、連帯保証人を外れたい旨をローンを借りている金融機関に申し出る必要があります。ただ、金融機関がその申し出を受け入れることはほとんどなく、たとえ受け入れられても、別の連帯保証人を立てるよう要求されたり、一時的にまとまったお金を入れたりといったことをしなくてはいけないのが通例です。

ローンの契約が夫婦の連帯債務の場合、ローン契約者を変更することは金融機関がほとんど認めない

では、家の名義が夫婦の連名で、ローンの契約が夫婦の連帯債務ということになっていた場合はどうでしょうか。どちらかが住み続けるということであれば、家の名義を住み続けるほうに変更しなくてはいけませんが、家の名義変更を行うには、住宅ローンを完済している必要があります。というのもローン返済中に、ローンの契約者を変更するということは、金融機関が認めないことがほとんどだからです。「それならば、いっそのこと手放して、売れたお金でローンを返してスッキリしよう。」と考える人も多いのですが、こちらもよく考えて行う必要があります。
というのも、家の資産価値が、ローンの残高を上回っていればいいのですが、ローン残高を下回った場合は、売れてもローンの支払い義務が夫婦双方に残ってしまうということになるからです。このため、住宅ローンが残っている状態で離婚、という場合は、離婚後にマイホームをどのようにするかという点について、夫婦双方で、慎重に話し合いをする必要があります。