離婚調停とはどのようなものか

「協議離婚」、「調停離婚」、「審判離婚」、「裁判離婚」という法で定められた離婚の定義

よく「離婚調停」というものを聞きますが、これは一体どのようなものなのでしょうか。実に離婚というものは、法で定められている定義では、「協議離婚」、「調停離婚」、「審判離婚」、「裁判離婚」という四つが定められています。
実務では、この離婚のうち、およそ八割以上が「協議離婚」となっていて、離婚におきましては、あまり争いというものはなく、当事者の意思のみで成立しているようです。

「調停離婚」とは当事者同士の協議が成立しなかった場合、調停委員を介し解決を図るというもの

そして「審判離婚」、「裁判離婚」というものも、全体の割合からしますと、ほとんど行われてはいないようですので、残りの部分はこの「調停離婚」という事になっているようです。これは離婚において、当事者同士の協議が成立しなかった場合に、裁判所を介入させる前に、まず調停委員でその解決を図るというものになります。
調停委員が行うという部分で裁判とは異なり、その決定にも法的な拘束力はありませんので、もしこの調停での決定に不服があれば、審判や裁判という手段に移行する事も可能です。
しかし法的な拘束力はないにしましても、法律のエキスパートが第三者として介入しているために、当事者のみの主観的な意見だけの衝突とは違い、はるかに紛争解決を図りやすいのは事実です。

「離婚調停」は法的な拘束力はないが、、当事者だけで冷静に話し合いできないという状況での決定より、最善の結果を出せる可能性はある

実際この「離婚調停」というもので、離婚という事態を回避した例は多数あります。もちろん離婚を回避する事が、必ずしも当事者にとって最善の決定なのかどうかは、ケースバイケースなために一概には言えませんが、当事者のみの状況では、冷静に話し合いもできないという状況で、感情のみに任せて決定してしまうよりも、それははるかに最善の結果を出せる可能性はあるでしょう。
いきなり裁判となりますと、当事者の負担も大きいですが、調停でしたらそうした負担も軽減できるという点で、大きいでしょう。