離婚後に新しい戸籍を作って婚姻中の苗字を使い続けています

離婚後何もしなければ、実家の戸籍に入り旧姓に戻るが、子供のために婚姻中の姓を使い続ける手続きを取ることに

離婚届

私は夫と別れた際に、婚姻中の姓を名乗り続けるための手続きを取りました。夫の不倫が原因で離婚するに至ったという事情がありましたので、大嫌いな夫と同じ苗字を名乗り続けるのは、本当はとても不本意なことでした。でも、子供を引き取って私の籍に入れるつもりでいましたので、子供の苗字を変えたくないという気持ちがありました。
何も手続きを取らなれば、離婚後の私は実家の戸籍に入って旧姓に戻ります。私自身にとっては独身時代に名乗っていた懐かしい苗字に戻るだけのことなので、それほど強い違和感はありません。でも、子供の籍を私と一緒にした場合、子供は全然馴染みのない苗字に変わってしまうことになります。親の都合で自分の苗字がある日突然変わってしまうのですから、子供にとってはかなりショックな出来事だろうと思います。
また、夫と別れた当時、子供は小学校に通っていましたから、苗字が変わることで学校でイジメにあってしまったりするのではないかという心配もありました。そこで、夫と同じ苗字を名乗り続けるのは嫌だという気持ちを飲み込んで、婚姻中の姓を使い続ける手続きを取ったというわけです。

実際は全夫と同じ苗字であるが、自分を筆頭者にした新しい戸籍を作ることができた

しかし、実際に手続きを取ってみてわかったのですが、別れた夫と同じ苗字であり続けるといっても、私を筆頭者にした新しい戸籍を作ることができたので、とてもスッキリとした気分になることができました。実は、夫の苗字の漢字は正確には旧字体なのですが、私が使う苗字の漢字は新字体にしました。
ついでに、本籍地も全く別の所にしましたので、夫とは縁もゆかりもなくなったことを戸籍の上でもはっきりと確認できる状態になっています。たかが書類上のことではありますが、新しい自分に生まれ変わったような気持ちになることができ、とても嬉しく感じました。

家庭内のゴタゴタで傷ついた子供に、苗字が変わることでさらに心の負担を背負わせたくない

社会人であれば、結婚後も旧姓を通称として使用し続けるケースが決して珍しくなくなってきていますので、離婚のようなプライベートの問題を苗字が変わることで周囲に気づかれずに済ませることも可能です。
でも、小学校や中学校では通称使用が認められていません。ただでさえ家庭内のゴタゴタで心が傷だらけになっている子供に、自分の関知しない理由で苗字が変わってしまうという負担を背負わせたくはありませんでした。学校の先生には家庭の事情を伝えてありますが、子供の苗字が変わっていないため、クラスメイト達には気づかれずに済んでいるようです。
別に悪いことをしたわけではありませんが、わざわざ宣伝して歩くようなことではありませんので、周囲に知られずに済ませることができる方が面倒がなくてよいと思います。なので、別れた夫と同じ苗字を名乗るという選択をしたことを全く後悔していません。